SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2024 Summer

2024年7月25日(木)10:30~17:30

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

eラーニング・LMS<br>主要製品スペック一覧 2024

eラーニング・LMS
主要製品スペック一覧 2024

その他のスペック一覧

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2023

パーソルキャリアの人事が取り組む次世代人事データ活用 | 第1回

人事データ活用の全体像とBI開発事例


  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
  • hatena

 人事領域においてデータ活用の重要性が説かれる中、思うように進まず苦戦している企業は少なくないのではないか。本連載では、過去同じように人事領域でのデータ活用に苦戦してきたが、現在では小さく成功の兆しが出てきている我々パーソルキャリア株式会社 人事本部が、データ活用をどのように進めているかについて、事例を交え、当事者へのインタビュー形式で紹介していく。初回のテーマは、パーソルキャリアの人事本部で始まっているデータ活用施策の全体像と、エンドユーザーに馴染み深いツールであるBI(ビジネスインテリジェンス)の活用だ。

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
  • hatena

ITエンジニア

長谷川 智彦

長谷川 智彦(はせがわ ともひこ)

パーソルキャリア株式会社 人事本部 人事IT推進部 HRDXグループ リードデータストラテジスト

大学院卒業後2020年にパーソルキャリアへ新卒入社。データアナリストとして事業のデータ分析案件やAIモデルの開発・改善作業、データ活用プロジェクトの企画・プロジェクトマネジメントを担当。2022年度から人事領域でのデータ活用やBI開発、人材育成に取り組んでいる。2023年人事データ保護士の資格取得。

人事

千葉 康昭

千葉 康昭(ちば やすあき)

パーソルキャリア株式会社 人事本部 HRBP統括部 キャリア対話推進部/戦略人事部エキスパート

化粧品・健康食品メーカー、Eコマースにて就業後、2012年よりパーソルキャリアに入社。人材紹介事業の営業企画・研修企画などを担当後、人事部門へ異動後は戦略人事として採用後の定着・異動配置・エンゲージメント向上など各施策に従事。

髙橋 彩

髙橋 彩(たかはし あや)

パーソルキャリア株式会社 人事デザイン部 人事データ推進グループ

大学卒業後、官公庁勤務を経て、2019年にパーソルキャリアへ入社。戦略人事部での業務を経験後、現在は人事制度運用・改善、人事データ活用、タレントマネジメントシステム運用などを通して社員が安心してはたらき、キャリアオーナーシップを実現するための環境づくりに取り組んでいる。

はじめに

——なぜパーソルキャリアの人事本部でデータ活用のための仕組みづくりが始まったのか。

長谷川 多くの他企業と同様に、パーソルキャリアでもこれまで人事向けシステムを導入し、採用から退職まで支えてきました。

 しかし弊社の場合、採用・人材開発・労務など部門ごとにシステムを導入したため、データが分散してしまい、人事が分析を行う際には各システムからデータを抽出し、手作業でデータをつなぎ合わせて集計するといった状況にありました。社内の従業員1人ひとりの状況やニーズに合わせて人事施策を提供する、人事として経営の意思決定にスピーディーに対応するといった人事業務の効率化・高度化に向けて、データ活用のための仕組みやインフラをつくることは避けては通れないと考えました。

——本連載で伝えたいこととは?

長谷川 2022年から取り組みを始め、現在少しずつ成功事例が生まれてきているのですが、取り組みを進めていく中でさまざまな課題に直面してきました。そしてその都度、メンバーで協力して事例調査を行い、アイデアを出し合ってきました。

 おそらく他の企業の人事部でも同様にどうしたらよいか分からず、人事領域でのデータ活用がうまく進んでいないところもあるのではないでしょうか。弊社人事での取り組みが、人事領域でのデータ活用を進めたいと考える企業や人々の参考になればと考えています。

 今後、次の全体構成図にあるテーマを1つひとつ紹介・解説していく予定です。まず今回は、エンドユーザーにも馴染みが深いBIの開発事例を紹介します。

[画像クリックで拡大表示]
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
  • hatena
パーソルキャリアの人事が取り組む次世代人事データ活用連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

パーソルキャリア株式会社(パーソルキャリア)

パーソルキャリアは、多様なバックグラウンドをもつ人たちが集まり、課題解決への想いと、目的志向に溢れる行動力を持って、「はたらく」に対する挑戦と変革をする会社です。はたらくすべての個人と企業を顧客に、「doda」をはじめとする国内最大規模のHRサービスや、「はたらく×●●」をテーマとする新規事業などを...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/5179 2023/10/19 12:05

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2024年7月25日(木)10:30~17:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング