SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2024 Summer

2024年7月25日(木)10:30~17:30

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

eラーニング・LMS<br>主要製品スペック一覧 2024

eラーニング・LMS
主要製品スペック一覧 2024

その他のスペック一覧

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2023

HRzineニュース

人事評価で給与アップした管理部門は44.5% 一方、約6割が人事評価に不満—MS-Japan調べ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 MS-Japanは、同社が運営する、管理部門・士業の総合転職サービス「MS Career(エムエスキャリア)」にて、管理部門・士業の給与アップと人事評価の実態調査を発表した。

2024年度の人事評価で、管理部門・士業の44.5%が給与アップ

 新年度に変わるタイミングで、月給(基本給に加え一律の手当を含む)は上がったかという質問に対し、上がった人の割合は44.5%であった。アップ額については、「1万0001円以上」との回答が最も多い結果となった。

 上がった人の割合を、企業の従業員数別に見ると、「1000名以上」(66.7%)と「100~499名」(54.4%)が半数を超えている。

給与アップの割合が多い職種は、総務・人事

 同質問の回答を職種別に分類した結果、上がった人の割合が過半数に達した職種は、「総務」(58.6%)と「人事」(57.6%)であった。

 年代別に分類すると、「40代」(52.2%)が、唯一過半数に達していることが分かる。

人事評価に満足している人の割合は、わずか37.7%

 人事評価制度への満足度を質問すると、「満足」と回答した人の割合はわずか37.7%。従業員数別に見ると、「10名以下」の53.6%が最も多く、「1000名以上」の47.2%が2番目に多い結果となった。

 従業員数が極端に多い、または少ない企業の方が、比較的満足度が高い傾向にあることが分かると同社は述べている。

 また、人事評価に不満を感じている人へ理由を質問すると、「評価基準や目標設定に納得できない」が57.3%と最も多い結果に。

 これは、管理部門・士業は業務の成果を数値化しにくいため、評価の基準や目標設定が曖昧になりやすいことが原因のようだ。

転職活動で人事評価制度を重要視しているのは71.8%

 転職活動において、人事評価制度の重要度は、「非常に気にする」が16.1%、「どちらかというと気にする」が55.7%と、約7割が重視していることが分かる。

 転職活動における人事評価制度の重要度を、職種別・年代別に分類した。職種別では、「人事」の82.1%が最も高い割合を占めている。

 また、年代別では、年齢に伴って重要度が下がり「20・30代」(78.8%)が最も高い結果に。「20・30代」は、評価される側の割合が多く、キャリアアップの前段階にいるため、人事評価制度の重要度が高いのではないかと同社は述べている。

 なお、同調査の概要は次のとおり。

  • 調査方法:Webアンケート
  • 調査対象:全国の管理部門
  • 調査テーマ:管理部門・士業の給与アップと人事評価の実態調査
  • 有効回答数:298名
  • 調査実施日:4月17日~23日
  • 調査主体:MS-Japan

【関連記事】
人事評価で転職を考えたことがある人は7割以上 そのうち約半数が実際に転職—ライボ調べ
管理部門の約6割が人事評価に不満 「評価基準・目標設定に納得できない」の声—MS-Japan調べ
約7割の管理職が成果で給与が変わる人事評価制度に賛成―給与アップ研究所調べ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/5721 2024/05/16 18:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2024年7月25日(木)10:30~17:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング