SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

過去の開催実績

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2021 Summer

2021年7月20日(火)12:30~17:00

最新資料

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

採用活動の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

その他のスペック一覧

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2021

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2021

会社の懲戒処分の程度が重きに失し、裁量権を逸脱したとして無効と判断

-[Vol.037]-------------------------------------------------------
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方に
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

皆さま、こんにちは。HRzine編集長の市古です。
今回の人気記事ランキングNo.1は、次の記事でした。

●1位 会社の懲戒処分の程度が重きに失し、裁量権を逸脱したとして無効と判断
 (横浜地裁 平成10年11月17日)


人気連載「人事労務事件簿」の第18回です。
従業員が犯したミスに対しては、その大きさ・重さを考慮して一定の処分が
下されることがあります
ただし、それは就業規則にのっとり、かつ規律違反の種類・程度その他の事情に
照らして、相当なものでなければなりません。

そのとき問題となるのは、特に後者の「事情に照らして、相当なもの」である
かどうかの線引きです。
これは裁判例などから紐解く必要があるかもしれません。
本記事をその一例として、ミスの重大さと処分の重さの相当性を見て取って
ください。

[0]目次
----------
[1] 新着記事はこちら
[2] 人気記事ランキング
[3] 記事のリクエストも大歓迎です
[4] 配信停止の方法

HRzineのTwitterアカウント、Facebookページも公開しています。
* Twitter  => https://twitter.com/hrzine_jp
* Facebook => https://www.facebook.com/hrzine

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事はこちら(2/21~3/7)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆会社の懲戒処分の程度が重きに失し、裁量権を逸脱したとして無効と判断
 (横浜地裁 平成10年11月17日)
〈人事労務事件簿 | #18〉
 企業は、業務で過失を犯した従業員に対し、就業規則にのっとって一定の処分を
行うことができます。しかし、処分の程度が過度にならないよう、十分配慮するこ
とが求められます。今回紹介するのは、過失の内容に対して処分が重すぎるとして
従業員が会社を訴え、それが認められたケースです。処分が重すぎると裁判所が判
断したその線引きはどこであったか。就業規則を適正に運用するためにも、またト
ラブルを避けるためにも確認しておきましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 人気記事ランキング(2/19~3/4)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●1位 会社の懲戒処分の程度が重きに失し、裁量権を逸脱したとして無効と判断
 (横浜地裁 平成10年11月17日)


●2位 心理的安全性は弱さも含めて見せ合うことから それができるコミューンの
プログラムとは


●3位 リモートワーク環境での従業員エンゲージメントの高め方


●4位 ベーシックの「期待役割グレード制度」を支える、徹底した“成長志向”と
 “コンピテンシー主義”の文化とは


●5位 タニタが社員に個人事業主になってもらうプロジェクトを推進中、
 そのねらいと仕組み


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 記事のリクエストも大歓迎です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「こんな記事が読んでみたい!」というリクエストがありましたら、編集部まで
お気軽にご応募ください。
その他のご要望にも柔軟に対応してまいりますので、どしどしお寄せください。

・サポート用アドレスはこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/hz?token=eQYVE42L5145ccea546284e4e911163a226613dd&utm_source=19290&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/hz/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 HRzine編集部
(c)2020 SHOEISHA. All rights reserved.

Special Contents

PR

Job Board

PR

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2021年7月20日(火)12:30~17:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング