SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2024 Winter

2024年2月1日(木)12:00~17:40

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2023

その他のスペック一覧

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2023

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2023

オンボーディング中の若手への禁句/ココナラのデータドリブンHRを徹底紹介

-[Vol.070]-------------------------------------------------------
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方に
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

━  ━━━━━━━━━━━━━━━━
採┃用┃管┃理┃シ┃ス┃テ┃ム┃スペック一覧表2023┃好評配布中!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━┛━━━━━━┛
採用管理システムの主要17製品を徹底比較できる人気資料!
HRzineのメルマガ会員は無料でダウンロードできます◎
詳細はこちら⇒ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。HRzine編集部の井上です。

先週のHRzineでは、月曜日から金曜日まで、
毎日記事が更新されたことにお気づきでしょうか?
通常は週に2~3本の公開なので、にぎやかな1週間になりました!
記事のテーマも、ココナラのCHROに聞く人事DXから若手社員に禁句の一言まで
バラエティに富んでいるので、ぜひ気になる記事を見つけて読んでみてください!

↓↓おすすめ記事はこちら↓↓
★ココナラのデータドリブンHR 人事課題を的確に発見・予測・処方するその仕組
みとは

創業から10年が経つココナラでは、1年半ほど前からデータドリブンHRに取り組ん
でいます。今はHR部門が主導で、採用やエンゲージメントについてのデータ分析を
行っているとのこと。使用しているツールやデータの分析方法、データから見えた
社員の状態をどう定義し、評価しているのかなど、同社のCHROである佐藤邦彦氏に
詳しく教えていただきました。

[0]目次
----------
[1] 新着記事はこちら
[2] 人気記事ランキング
[3] 記事のリクエストも大歓迎です
[4] 配信停止の方法

HRzineのX(旧Twitter)アカウント、Facebookページも公開しています。
* X(旧Twitter)  => https://twitter.com/hrzine_jp
* Facebook     => https://www.facebook.com/hrzine

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事はこちら(8/21~8/28)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆リモートワークの「幻想」に対して山積みの課題
 ~デジタル時代の労務マネジメントを考える
〈いまさら聞けないHRDXの新常識 | #12〉
 リモートワークは従業員エクスペリエンスの向上に資するとされ、従業員からポ
ジティブに受け止められている。一方で、新しい働き方にも既存の労働基準関係法
令は適用されるため、労務マネジメントの観点で課題は山積みである。ましてや、
海外からのリモートワークは、各国の法令の違いなどで実現のハードルは高い。本
記事では、これらの課題を整理したうえで、「デジタル時代の労務マネジメント」
の在り方を検討する。


◆チームづくりのための人事データ活用
 まずはIMOフレームワークでチームの構造を俯瞰しよう
〈人事データ活用のヒント | 第8回〉
 「人事データ活用のヒント」と銘打ち、人事データを活用するための方法をお送
りしてきた本連載ですが、今回の第8回で最終回となります。第1~3回では概要と
して、一般的な人事データの種類や分析手法といった人事データの活用方法をお話
ししました。第4回からは、「新人・若手のオンボーディング」「マネジメント変
革」といったテーマに沿って、具体的なデータの可視化・要因分析の方法を紹介し
ました。今回は「チーミング(人員配置・編成)」に関する考え方を紹介します。
本連載のまとめとして、人事データ活用の注意点も紹介していますので、ぜひ最
後までご覧ください。


◆ある禁句でオンボーディングに失敗! 溶け込もうとしない若手社員と困惑する
 周囲に人事はどう関与する?
〈エンゲージメント向上への処方箋 | 第2回〉
 本連載では、筆者の前連載「経営人事とエンゲージメント再考」の内容を踏まえ
ながら、エンゲージメントにまつわる諸問題に対して、人事がどのような力を発揮
できるのかを具体的に示していく。第2回のテーマは、職場における「若手社員の
オンボーディング」である。若手社員が職場になじめないとき、人事はいったいど
のように関与したらよいのだろうか。


◆「組織内評価は低いけど自律度は高い人材」の育成がカギ
 マーケティング視点で考える組織活性化
〈キャリア自律に挑め! | #4〉
 「離職が次々と発生し、みんな心身ともに疲弊している」「職場の雰囲気が良く
なく、どことなくギスギスとしている」。多くの人事担当者や経営者は、これらの
組織課題に大なり小なり悩んでいることかと思います。いくら施策を打っても効果
がなく、手詰まりになってしまっているこうした課題の解決には、マーケティング
視点が欠かせないといいます。本稿ではこの点について、株式会社ITSUDATSU 取締
役副社長の張ヨンヒ氏が解説します。


◆ココナラのデータドリブンHR 人事課題を的確に発見・予測・処方するその仕組
みとは
〈インタビュー《人事データ活用》| これからの人材・組織マネジメント〉
 2021年3月に上場し、順調に成長を続ける株式会社ココナラ。祖業であるスキル
マーケットの「ココナラ」をはじめ、弁護士相談サイト「ココナラ法律相談」、業
務委託紹介事業「ココナラエージェント」の3つの事業を展開している。そんな同
社では、データドリブンHRを掲げ、データに基づいた人事施策の立案・実施を推進
している。この取り組みについて、執行役員CHRO 佐藤邦彦氏に詳しく聞いた。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 人気記事ランキング(8/19~8/25)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●1位 ココナラのデータドリブンHR 人事課題を的確に発見・予測・処方するその
仕組みとは


●2位 「組織内評価は低いけど自律度は高い人材」の育成がカギ マーケティング
視点で考える組織活性化


●3位 ある禁句でオンボーディングに失敗! 溶け込もうとしない若手社員と困惑
する周囲に人事はどう関与する?


●4位 リモートワークの「幻想」に対して山積みの課題~デジタル時代の労務マネ
ジメントを考える


●5位 チームづくりのための人事データ活用 まずはIMOフレームワークでチーム
の構造を俯瞰しよう



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 記事のリクエストも大歓迎です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「こんな記事が読んでみたい!」というリクエストがありましたら、編集部まで
お気軽にご応募ください。
その他のご要望にも柔軟に対応してまいりますので、どしどしお寄せください。

・サポート用アドレスはこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/hz?token=&utm_source=28868&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/hz/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 HRzine編集部
(c)2020 SHOEISHA. All rights reserved.

Special Contents

AD

Job Board

AD

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2024年2月1日(木)12:00~17:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング