SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2024 Summer

2024年7月25日(木)10:30~17:30

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

eラーニング・LMS<br>主要製品スペック一覧 2024

eラーニング・LMS
主要製品スペック一覧 2024

その他のスペック一覧

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2023

HRzine Day 2024 Winter セッションレポート | #5

新人も受けるカプコンのピープルマネジメント研修 その狙いと裏側にある人事の泥臭い取り組みとは

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 時代の変化などから、ピープルマネジメントの比重・負担が急速に高まっているミドルマネージャー。そのたいへんさからハズレくじとさえいわれる始末だ。このピープルマネジメントに新人を含む全員が学び、成果を上げているのが、株式会社カプコンのゲーム開発部門である。本記事では2月1日にHRzineが開催した「HRzine Day 2024 Winter」の中から、この取り組みを牽引するカプコンの水戸大介氏と、ピープルマネジメント研修を水戸氏より依頼された株式会社Momentorの坂井風太氏が、カプコンの取り組みを紹介した基調講演の内容をお伝えする。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

登壇者

スピーカー

坂井 風太氏

坂井 風太(さかい ふうた)氏

株式会社Momentor 代表取締役社長

元・DeNA人材育成責任者。子会社代表などを歴任後、マネジメント領域で起業 体系化されたマネジメント・人材育成理論が好評を博し、業界最大手企業から急成長スタートアップまで、70社を超える企業を支援。ビジネスメディアPIVOTにて『【Z世代がたった数年で会社を見切る理由】「いても無駄」と「言っても無駄」』の動画が累計100万回再生を突破。

水戸 大介氏

水戸 大介(みと だいすけ)氏

株式会社カプコン CS第二開発統括 開発四部 副部長

2010年、株式会社カプコン入社。人事部にて、採用、教育、労務、人事制度などを担当。2017年に「モンスターハンター」などを開発するCS第二開発統括に異動し、東京開発組織の変革に取り組む。2021年より、新卒1~3年目のクリエイターが所属する開発四部にて、若手育成を起点としつつ、部門横断の人材開発・組織開発を担う。

進行役

市古 明典

市古 明典(いちご あきのり)

株式会社翔泳社 HRzine編集長

宝飾品会社の社員、辞書専門編集プロダクションの編集者を経て、2000年に株式会社翔泳社に入社。月刊DBマガジン(休刊)、IT系技術書・資格学習書の編集を担当後、2014年4月より開発者向けWebメディア「CodeZine」の編集に参加。その後、2017年7月にエンジニアの人事をテーマとする「IT人材ラボ」を立ち上げ。2020年8月に人事全領域にテーマを広げた「HRzine」をスタートさせた。

ミドルマネージャーにしわ寄せが行く3つの変化

 坂井氏は冒頭、現場のミドルマネージャー(以下、マネージャー)の役割が「過去と比較できないほどに重要性と難易度が高まっている」と指摘。「中間管理職の悲哀」という言葉自体は昭和の時代からあるが、「マネージャーになりたい人がいない」「管理職の罰ゲーム化」などの問題も起きているという。

 坂井氏によれば、難易度向上の背景には3つの変化がある。1つ目は「時代の変化」だ。終身雇用制度が崩壊したいま、以前のように従業員が会社を無前提に信頼・依存することは非現実的になっている。それに伴って、個々人が自分でキャリアを構築する時代となり、「この会社にいれば、自分のキャリアは明るい」と感じられるようなキャリア安全性が重要になった。今までと「キャリアのつくり方」が異なる時代になった中で、時代に即したマネジメント手法が求められている、ということである。

 2つ目は「役割の変化」。マネージャーは、業績やプロジェクトを監督するこれまでの立場を越え、ピープルマネジメントも担うようになった。残業規制もある中で、事業成長と組織成長の両輪を回す必要が生じているのだ。「人事施策の運用の担い手」が、人事からマネージャーへと移行しているという状況なのである。

 3つ目の「手法の変化」としては、命令・統制から対話・支援へのシフトが好例だ。コーチングや1on1、MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)の浸透といったお題目が次々とマネージャーに押し寄せている。にもかかわらず、人事や経営層からの支援が薄いケースが散見されている点が問題だ。

[画像クリックで拡大表示]

 これら3つの変化を背景に、経営層は「個を生かせ」「多様性を確保しろ」「エンゲージメントを高めよ」と、組織開発やピープルマネジメントの実行をマネージャーに迫る。しかしメンバー、とくにデジタルネイティブ世代にとって転職は当たり前で身近なもの。SNSを開けば同世代の活躍が横目に映り、転職口コミサイトで類似企業の年収データも閲覧できてしまう。「隣の芝生が近くて青い」という状況の中で、「この場所に居続けていいのだろうか?」という不安を抱えながら生きている若手世代において、不満型退職だけでなく、不安型退職も発生している状況なのである。

 そうした中で組織開発やピープルマネジメントを推進しようと、「エンゲージメントサーベイ」や「対話会」を導入しても、本質的な課題解決にはなかなか至らないと坂井氏。組織開発・ピープルマネジメントにおいて重要なのは、「関係の質」「思考の質」「行動の質」「結果の質」の4つを循環させること。中でも起点になるのは関係の質だという。

 しかし、関係の質は起点に過ぎず、ここだけに目を向けても意味がない。いきなり始まった「社長との謎の対話会」「面倒なだけのサーベイ」といった経験は多くの人にあるはずだ。これらはマネージャーの負荷や組織全体の工数増加になるだけのケースも多い。「聞いてくれるが、変えてくれない」という状況では、人事や組織への不信感は募るばかりである。経営層や人事はそれで「宿題完了」にできるが、マネージャーはその「現場感覚のなさ」に失望していってしまう。

[画像クリックで拡大表示]

 必要なのは、サイクルのいったんのゴールである結果の質までを考えて施策を実行することだ。そのためには、坂井氏が「物理的な人工物」と表現するMVVや評価制度の刷新にとどまらず、現場でなされるコミュニケーションや手続きといった「組織ルーティン」と、正しいと思っている/間違っているものの思考の枠組みである「組織内の信念」を変容させることにまで目を向ける必要がある。

 「組織カルチャーの変革には、物理的な人工物、組織ルーティン、組織内の信念の3階層がありますが、物理的な人工物以外の2つが整っていないことには、何かを変えたとしても形状記憶で元の状態に戻ってしまうのです」(坂井氏)

[画像クリックで拡大表示]

 一方で難しいのが、3つのうち物理的な人工物に対する取り組みが、短期的には評価されやすいことだ。たとえば、「MVVの刷新」や「評価制度の刷新」は派手な施策であり、形になりやすいために、「会社が変わった感」を演出しやすい。「社長との謎の対話会」を繰り広げて、「弊社は風通しの良い職場です」というアピールをするのも同様である。

 ただし、人事担当者としても、「評価されやすい仕事」と「意味のある仕事」の間で揺れた場合、よほどの「会社の未来への想い」や「仕事の信念」がない限り、易きに流れてしまうのが実態である。自分が動いても動かなくても個人の評価が変わらないのであれば、当たり障りのない、部門間との調整コストも増大しない無難な施策を推進して、仕事を「こなしたほうが楽」だからである。

 この点を指摘しつつ、坂井氏は「すぐに現場に理解されずとも、粘り強くやり抜くことが重要です」と話す。

 「いま、人事にこそリーダーシップが必要な時代ではないでしょうか。人事施策は説明が難しく、短期で売り上げといった成果を出しにくいものでもあります。そのため、現場への説明コストが高く、結果的に流行している施策を導入したり、逃げてしまったりしがちです。そうではなく、泥臭く、リーダーシップを持って取り組める人事がいまこそ求められています」(坂井氏)

 そして、泥臭く、リーダーシップを持って人事施策を推進している企業として坂井氏が挙げたのがカプコンである。その理由は次の3つだ。

  1. マネージャーの負荷が高まる中で新卒社員まで含めた「全員参加型のピープルマネジメント」を推進している
  2. 人事担当者の水戸氏がリーダーシップを持って泥臭く推進しており、「大企業の人材育成文化の刷新」のロールモデルになりえる
  3. 坂井氏が提供するプログラムを受講して終わりではなく、運用に乗る形で内製化し、泥臭く人材育成&マネジメント文化を浸透させている

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー


次のページ
カプコンが「全員参加型のピープルマネジメント」に取り組んだ理由

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine Day 2024 Winter セッションレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

鬼頭勇大(キトウ ユウダイ)

 フリーライター・編集者。熱狂的カープファン。ビジネス系書籍編集、健保組合事務職、ビジネス系ウェブメディア副編集長を経て独立。飲食系から働き方、エンタープライズITまでビジネス全般にわたる幅広い領域の取材経験がある。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/5610 2024/04/09 08:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2024年7月25日(木)10:30~17:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング