HRzine

注目の特集・連載

緊急事態宣言が発出された場合、企業の71.1%がテレワークを認める方針―パーソル総合研究所

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/07 22:17

 パーソル総合研究所は、「人材マネジメントにおけるデジタル活用に関する調査 2020」(2020年10月にリリース)に関連して、新型コロナ感染拡大のレベルに応じた企業のテレワーク方針を集計。1月4日に集計結果を発表した。

 企業におけるテレワーク方針については、テレワークを認めるとの企業の回答割合(原則テレワークもしくはテレワーク推奨と、希望に応じてテレワーク可との合計)は、①緊急事態宣言が発出された場合は71.1%、②新型コロナ感染リスクがある場合は60.1%、③新型コロナ収束後の場合は44.8%となっている。

 また、企業の方針として原則テレワーク/テレワーク推奨とする企業は、新型コロナ感染リスクがある場合で23.5%。新型コロナが収束した場合でも、その約半数程度となる全体の11.9%の企業が原則テレワーク/テレワーク推奨の方針をとる見込みである。

 この集計結果に対し、パーソル総合研究所 研究員の砂川和泉氏は「新型コロナ感染拡大の防止や、従業員の健康配慮の観点から、実際に個々のテレワーク実施率やテレワーク頻度を上げるためには、企業が希望に応じてテレワークを認めるだけではなく、経営としてはっきり推奨する、繰り返し伝えるなど、明確な意思表示が求められる」と述べている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2021/01/07 22:17 /article/detail/2810
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0