SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2024 Summer

2024年7月25日(木)10:30~17:30

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

eラーニング・LMS<br>主要製品スペック一覧 2024

eラーニング・LMS
主要製品スペック一覧 2024

その他のスペック一覧

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2023

HRzineニュース

企業の経営課題として「人材の強化」を重要度高く認識、昨年比で課題感に高まり―日本能率協会調べ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 日本能率協会(JMA)は、企業が抱える経営課題を明らかにし、これからの経営指針となるテーマや施策の方向性を探ることを目的に、「当面する企業経営課題に関する調査」を実施し、その結果を発表した。

 同協会は、1979年より同調査を実施。今回は最終となる第5弾として、企業各社が考える自社の「現在」「3年後」「5年後」の経営課題、昨年・一昨年からの課題の変化について調査している。

「現在」「3年後」「5年後」の経営課題<br/>[画像クリックで拡大表示]
「現在」「3年後」「5年後」の経営課題
[画像クリックで拡大表示]

 調査の概要と結果は以下のとおり。

  • 調査時期:2022年7月22日~8月19日
  • 調査対象:JMAの法人会員ならびに評議員会社、およびサンプル抽出した全国主要企業の経営者(計5000社)
  • 調査方法:郵送調査法(質問票を郵送配布し、郵送およびインターネットにより回答)
  • 回答数・回収率:689社・13.8%

現在の課題は「収益性向上」「人材の強化」「売り上げ・シェア拡大」が3年連続でトップ3

 「現在」における経営課題のトップ3は、1位「収益性向上」(43.4%)、2位「人材の強化」(41.1%)、3位「売り上げ・シェア拡大」(35.1%)となった。過去3年間の推移を見ると、トップ3の項目は昨年、一昨年と変化はなかった。ただし、1位の「収益性向上」(+2.6ポイント)、第2位の「人材の強化」(+3.4ポイント)は昨年よりも比率が上昇した。

 また、「株主価値向上」が昨年と比べ4.2ポイント増加し、3年連続で増加している。これは、企業の社会的責任が問われるようになり、株主をはじめとしたすべてのステークホルダーに対して高い意識が求められている中で、経営層の中にも意識が浸透してきていることの表れであると考えられる。

「現在」の課題(上位項目)の過去3年間の推移<br/>[画像クリックで拡大表示]
「現在」の課題(上位項目)の過去3年間の推移
[画像クリックで拡大表示]

3年後の課題は「人材の強化」が3年連続で最多、昨年比で課題感に高まり

 「3年後」の課題については、1位が「人材の強化」(41.7%)、2位が「収益性向上」(29.0%)、3位が「新製品・新サービス・新事業の開発」「売り上げ・シェア拡大」(ともに25.8%)となった。

 過去3年間の推移を見ると、1位の「人材の強化」は昨年と比較して比率が4.8ポイント増加しており、比較的直近において重視度が高い課題と捉えられていることが分かる。他に、「売り上げ・シェア拡大」(+3.9ポイント)、「働きがい・従業員満足度・エンゲージメントの向上」(+4.8ポイント)、「株主価値向上」(+4.9ポイント)も昨年より比率が増加した。

 反対に、「デジタル技術の活用・戦略的投資」は、昨年比マイナス6.1ポイントと大きく減少。コロナ禍による需要の高まりが落ち着いたことが考えられるほか、取り組みがある程度進行しており、「3年後」の課題ではなくなってきていることが考えられる。

「3年後」の課題(上位項目)の過去3年間の推移
「3年後」の課題(上位項目)の過去3年間の推移

5年後の課題は3年連続で「事業基盤の強化・再編、事業ポートフォリオの再構築」が1位

 「5年後」の課題は、1位「事業基盤の強化・再編、事業ポートフォリオの再構築」(14.2%)、2位「人材の強化」(10.7%)、3位「売り上げ・シェア拡大」(10.2%)となった。

 昨年からの変化としては、「CSR、CSV、事業を通じた社会課題の解決」が3.7ポイント減少し、「売り上げ・シェア拡大」(+3.6ポイント)、「株主価値向上」(+4.6ポイント)が増加している。「CSR、CSV、事業を通じた社会課題の解決」は昨年比で見ると落ち着きはみられるものの、引き続き4位と上位であり、企業が重視している項目であることに変わりはない。

「5年後」の課題(上位項目)の過去3年間の推移
「5年後」の課題(上位項目)の過去3年間の推移

 なお、同調査における第1弾からの結果をまとめた報告書は、日本能率協会のWebサイトで確認できる。

【関連記事】
『日本企業の経営課題2021』研修・人材育成において重視しているテーマについて調査―日本能率協会
約8割の企業が人的資本経営に「取り組んでいる」と回答、AI・DX人材不足が課題―パーソルHD調べ
企業が抱える人材課題、「スキル・経験のある人材の不足」がトップに―Matchbox Technologies調べ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/4504 2022/12/13 16:52

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2024年7月25日(木)10:30~17:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング