SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2024 Summer

2024年7月25日(木)10:30~17:30

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

eラーニング・LMS<br>主要製品スペック一覧 2024

eラーニング・LMS
主要製品スペック一覧 2024

その他のスペック一覧

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2023

HRzineニュース

女性管理職の約8割が満足と回答も、未経験者女性の6割は管理職を希望しない—ライボ調べ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 ライボの調査機関「Job総研」は、585人の社会人男女を対象に「2023年 女性管理職の実態調査」を実施した。

 調査の概要は次のとおり。

  • 調査対象者:現在職を持つすべての社会人、JobQ Town(ジョブキュータウン)登録者
  • 調査条件:全国/男女/20~50代
  • 調査期間:2023年8月9日~8月14日
  • 有効回答数:587人
  • 調査方法:インターネット調査

希望して管理職になった女性が約6割

 現在管理職の女性46人に、希望して管理職に就いたかを聞くと、「希望してなった」が58.7%と過半数を占める結果となった。婚姻状態および子供の有無別の回答では、「既婚・子なし女性」が66.7%と最多になり、次いで「既婚・子持ち」が61.5%と、既婚女性ほど希望して管理職なった割合が高い結果となった。

 また、希望して管理職になった女性27人に理由を聞くと、「仕事の幅を広げたいから」が59.3%で最多になり、次いで「収入を上げたいから」が48.1%、「社会的/社内的地位を上げたいから」が44.4%となった。希望せず管理職になった女性19人に理由を聞くと、「管理職に興味がないから」が47.4%で最多回答になり、次いで「ワークライフバランスが崩れそうだから」「責任が重い仕事をしたくないから」が同率で31.6%となった。

約8割の管理職女性が満足と回答

 管理職女性の46人に満足度を聞くと、「満足」(23.9%)、「どちらかといえば満足」(54.3%)を合算した78.2%が「満足派」となった。一方で、「不満派」は21.8%だった。管理職の継続意欲を聞くと、「とても続けたい」(6.5%)、「続けたい」(21.7%)、「どちらかといえば続けたい」(50.0%)を合算した78.2%が「続けたい派」となった。

 管理職女性のうち、継続意欲があった36人に理由を聞くと、「仕事の幅が広がったから」が43.5%で最多になり、次いで「収入が上がったから」が41.3%、「社会的/社内的地位が上がったから」が34.8%となった。また、管理職の継続意欲がなかった10人に理由を聞くと、「責任が重いから」が80.0%で最多回答になり、次いで「仕事の幅が広がりすぎたから」が60.0%、「年収の増加幅が期待値以下だったから」が50.0%となった。

未経験者の6割以上が「管理職に就きたいと思わない」

 管理職未経験女性179人に管理職に就きたいか聞くと、「全く思わない」(22.9%)、「思わない」(20.1%)、「どちらかといえば思わない」(20.7%)を合算した63.7%が「思わない派」という結果になった。

 管理職を希望すると回答した66人にその理由を聞くと、「収入をあげたいから」が75.8%で最多となり、次いで「仕事の幅を広げたいから」が43.9%、「マネジメント業務に挑戦したいから」が39.4%と続いた。

女性活躍に必要な施策「柔軟な働き方」が最多

 男性を含めた回答者全体の587人に女性が活躍している状態イメージを聞くと、「雇用形態に関係なく裁量権ある仕事を任される」が44.8%で最多となった。次いで、「意思決定の場に多くの女性がいる」が40.0%、「ライフイベントの有無に関係なく仕事を任される」が37.8%と続いた。また、女性活躍に必要な施策の上位3つは、「女性が柔軟な働き方ができるような制度」が47.5%と最多で、「女性が意思決定の場にいる機会を増やす」が40.5%、「男性が柔軟な働き方ができるような制度」が35.1%となった。

 寄せられたコメントは次のとおり。

  • 女性の数にこだわらず管理職になりたい人を登用していけばよいと思いました
  • 数値目標ではなく男性も含めた支援や平等な環境の外部アピールが重要
  • テレワークや育児支援、メンタルサポートなどの理解ある取り組みがあると活躍の幅も広がる
  • 育休明けに復職しやすい環境や雰囲気作りをしておくと男女ともに活躍できると思います
  • 政府は女性の本音や実態を正確に理解してほしい。非効果的な制度ばかりに注力している気がする

【関連記事】
女性経営人材育成プログラム「TillCareer」を学研グループへ提供―ジェミニストラテジーグループ
女性管理職率が35%、男性の育休取得率が4割超と全国平均を大きく上回る―奈良市役所
女性活躍推進のためフェムテックを導入、第1弾はルナルナ オフィス―大和リース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/5101 2023/08/28 19:26

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2024年7月25日(木)10:30~17:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング