SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2024 Summer

2024年7月25日(木)10:30~17:30

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

eラーニング・LMS<br>主要製品スペック一覧 2024

eラーニング・LMS
主要製品スペック一覧 2024

その他のスペック一覧

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2023

HRzineニュース

24卒が内定先に求めるサポートは「先輩社員との関係構築」など—ALL DIFFERENT調べ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 ALL DIFFERENT(オールディファレント)とラーニングイノベーション総合研究所は、「内定者意識調査」を実施した。

 調査結果のサマリーは次のとおり。

  • 社会人になること、約8割が「不安・心配」と回答し最大の割合に
  • 半数以上の内定者が「仕事についていけるか」「成果を出せるか」に不安を感じている
  • 入社後に直面すると想定している壁は、「仕事の難易度」「生活リズムの変化」が上位
  • 内定先に求めるサポートの上位は、「先輩社員との関係構築」「マナーなどの社会人の基礎教育」
仕事の難しさの壁に直面すると考えている内定者は、どのようなサポートを必要としているか
仕事の難しさの壁に直面すると考えている内定者は、どのようなサポートを必要としているか
生活リズムの変化の壁に直面すると考えている内定者は、どのようなサポートを必要としているか
生活リズムの変化の壁に直面すると考えている内定者は、どのようなサポートを必要としているか
  • 入社後に期待することは、「成長できること」「給料がもらえること」「社会の役に立てること」

 調査結果を受け、内定辞退や早期離職を防ぐために企業が取り組めることととして、ALL DIFFERENT株式会社 組織開発コンサルティング本部 コンテンツマネジメント部 部長の河合司真子氏は次のように述べている。

 「2024年卒の内定者は、『期待・楽しみ』より『不安・心配』を強く感じている傾向にあります。仕事の成果創出に対する不安を感じる一方、入社後の学びや成長に対する期待を持つ内定者が多いことも分かりました。今年の内定者は、生まれた時からインターネットやパソコンのある環境で育ってきた『デジタルネイティブ世代』であり、大学・高校に入学したときから様々な行動制限がかかっていた『フルコロナ世代』でもあります。オンラインでの学習経験が多く、仕事に対する価値観や知識・スキルの獲得方法なども、以前の内定者と比較すると大きく変化しているといわれています。そのため、新入社員の受け入れ・サポート・育成を、新入社員に合わせてアップデートせず、過去のやり方を踏襲していると、新入社員の立ち上がりが困難となったり、メンタル不調者や早期離職者の増加につながる可能性もあります。

 初期教育においては、正しい考え方・やり方を教えるだけでなく、『できるようになるまで』丁寧にトレーニングを行うことが効果的です。とくに学生時代に対面コミュニケーションの機会が少なかった24卒の内定者がコミュニケーション能力(聴く・話す・読む・書く)を強化することは、円滑な業務遂行や職場での良好な人間関係構築、ひいては入社前後の不安解消につながりやすくなります。また、デジタルツールを活用した個別最適な学びの提供は、タイムパフォーマンス重視のデジタルネイティブの学習意欲を高めます。加えて、成長を続けるための環境・仕組みの構築も必要です。とくに、配属先の上司・OJT担当者など『育てる人』の育成の強化・改善は、長期的な成長支援に直結するでしょう」(河合氏)

 なお、同調査の概要は次のとおり。

  • 調査対象者:当社が提供する内定者向け研修の受講者(2024年卒業予定)
  • 調査時期:2023年10月16日~12月4日
  • 調査方法:Web・マークシート記入式でのアンケート調査
  • サンプル数:404人

【関連記事】
新卒が入社先で働きたい年数は「定年まで」が最多 一方で「年収が上がるなら転職も検討」の声—学情調べ
全従業員の賃金と新卒の初任給を一律5%引き上げ 物価高の中で安定した生活確保のため—ポニーキャニオン
25年新卒より「ジョブ型採用」を開始 初年度年収570万と勤務地も確約—GMOインターネットグループ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/5449 2024/01/24 18:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2024年7月25日(木)10:30~17:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング