HRzine

注目の特集・連載

HRzineより電子書籍『人事・経営陣に知ってほしい エンゲージメントの“真”常識』を刊行

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/01 15:00

 HRzineは2月26日、電子書籍『人事・経営陣に知ってほしい エンゲージメントの“真”常識』を刊行した。同書は、HRzineの連載「経営人事とエンゲージメント再考」に加筆・修正したもの。著者は、リクルートマネジメントソリューションズ HRアセスメントソリューション 統括部 マネジャーの荒金泰史氏。価格は700円(税別)。

 本書では、さまざまな規模・業態の企業に対して、エンゲージメント向上のためのコンサルティングを行っている著者が、人事・経営・現場が足並みをそろえてエンゲージメント向上に取り組むための方法を、2社の好事例とともに紹介する。

 エンゲージメント向上は、本来的には会社にとっても働く個人にとっても、メリットのある取り組み。それを実際に実のある活動につなげていくために、取り組みの「焦点」を見極める方法を本書は教えてくれる。育成担当の社員やマネジャーから組織作りに関わる経営者まで、幅広いビジネスパーソンにお勧めの一冊となっている。

目次

  • はじめに
  • 【第1章】 企業が踊る「エンゲージメント」狂騒曲、注目を集める理由と危性を知る
    1.  エンゲージメントの大流行と依存症の狭間で
    2.  企業がエンゲージメントに着目する理由
    3.  エンゲージメント流行の背景にある3つの課題
  • 【第2章】 従業員満足度と何が違う? エンゲージメントを高めたい企業が陥りやすい「盲点」
    1.  エンゲージメント向上に向けた2つの論点
    2.  エンゲージメントスコア依存症の落とし穴
    3.  エンゲージメントとは本来何だったか?
  • 【第3章】 物分かりがよいだけの企業・上司の下ではエンゲージメントは向上しない――では何が必要か
    1.  従業員の価値観が多様化していることを再認識する
    2.  個を生かすことと、個を大事にし過ぎることは違う
    3.  夢中になれる仕事のつくり方
  • 【第4章】 エンゲージメントを高めれば業績は向上するのか?
    1.  エンゲージメントを高めることで本当に業績は向上するのか
    2.  エンゲージメント向上施策に疑問を呈する経営陣の真意とは
    3.  問いに立ち止まらず前に進んでいくためには
  • 第5章】 人事が経営・現場と足並みをそろえていくために有効なポジショニングとは
    1.  存在感を増しているHRBPという立ち位置
    2.  HRBPとコーポレート人事の視点の持ち方の違い
    3.  この時代に、人事に求められる視界や視点
  • 【第6章】 エンゲージメント向上は実のある取り組みでなくてはならない
    1.  前章までの振り返り:エンゲージメントを巡って生じやすい誤解
    2.  現実を共に見れば、エンゲージメントに無関心でいられる現場マネジャーはいない
    3.  エンゲージメント向上の取り組みをスムーズにした2つの事例

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2021/03/01 15:00 /article/detail/2967
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0