SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

受講者募集中!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2022 Summer

2022年7月28日(木)12:30~16:40

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2022

その他のスペック一覧

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

HRzineニュース

人事担当者の7割が採用面接は対面が好ましいと回答、オンライン選考は対面よりも入社後ミスマッチ多く―moovy調べ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 moovyは、「人事担当者の採用前後のギャップに関する調査」を実施し、その結果を発表した。

 調査の概要は以下のとおり。

  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2022年8月1日
  • 有効回答数:コロナ前後に対面とオンライン両方での採用を担当している人事担当者111名

 調査の結果については、同社は以下のように述べている。

6割以上の人事担当者は、「合否見極め」と「入社動機付け」の観点において、候補者との面接は対面が好ましいと回答

 「Q1.採用における『合否見極め』と『入社動機付け』の観点において、候補者との面接は対面とオンラインのどちらが好ましいと思いますか。」(n=111)と質問したところ、合否見極めについては82%の人事担当者が「対面」が好ましいと回答した。また、入社動機付けについては66.6%の人事担当者が「対面」が好ましいと回答し、「合否見極め」の方がやや高い結果となった。

グラフ1
[画像クリックで拡大表示]

合否見極めを行う上で、対面での選考が好ましい理由、「非言語的情報がよりわかりやすいから」が80.0%で最多

 Q1で「合否見極め」にて「対面」「どちらかといえば対面」の面接が好ましいと回答した人に、「Q2.合否見極めを行う上で、対面での選考が好ましいと思う理由を教えてください。(複数回答)」(n=90)と質問したところ、「非言語的情報(態度・表情・服装など)がよりわかりやすいから」が80.0%という結果になった。合否見極めの場面では、言語的情報だけではなく、非言語的情報も合否を判定するための重要要素と考えている人事が多いことがうかがえる。

グラフ2
[画像クリックで拡大表示]

入社の動機付けを行う上で、対面での選考が好ましい理由、「候補者が思う懸念や不安を把握できるから」が75.7%で最多

 Q1で「入社動機付け」にて「対面」「どちらかといえば対面」の面接が好ましいと回答した人に、「Q3.自社への入社動機付けを行う上で、対面での選考が好ましいと思う理由を教えてください。(複数回答)」(n=74)と質問したところ、「候補者が思う懸念や不安を把握できるから」が75.7%、「対面での会話の方が魅力がより伝えやすいから」が73.0%となった。候補者から対面で情報を受け取り、その情報に応じてその場で柔軟に対応することがより入社動機付けにつながると考えている人事が多いということが分かる。

グラフ3
[画像クリックで拡大表示]

合否見極めを行う上で、オンラインでの選考が好ましい理由、「候補者が緊張せず落ち着いて会話ができ、フラットな状態の判断ができるから」が85.0%で最多

 Q1で「合否見極め」にて「オンライン」「どちらかといえばオンライン」の面接が好ましいと回答した人に、「Q4.合否見極めを行う上で、オンラインでの選考が好ましいと思う理由を教えてください。(複数回答)」(n=20)と質問したところ、「候補者が緊張せず落ち着いて会話ができ、フラットな状態の判断ができるから」が85.0%と最も多い回答となった。対面での選考を望む人事が非言語的情報も含め判断するという意向とは反対に、むしろバイアスがかからない情報のみで判断をするという人事もいることが分かる。

グラフ4
[画像クリックで拡大表示]

入社の動機付けを行う上で、オンラインでの選考が好ましい理由、「採用したい候補者に、多くの社員と面談設定が可能だから」が79.4%で最多

 Q1で「自社への入社動機付け」にて「オンライン」「どちらかといえばオンライン」の面接が好ましいと回答した人に、「Q5.自社への入社動機付けを行う上で、オンラインでの選考が好ましいと思う理由を教えてください。(複数回答)」(n=34)と質問したところ、「採用したい候補者に、多くの社員と面談設定が可能だから」が79.4%となり、社員面談のスケジュール設定のしやすさ、というオンライン選考ならではの利便性が好まれていることが分かった。入社動機付けにおいては、社員と会う回数が多い方が志望度が上がる傾向にあり、オンライン選考との相性の良さが見受けられる。

グラフ5
[画像クリックで拡大表示]

人事の約9割が、オンライン選考は対面より「合否の見極めが難しい」と回答

 「Q6.オンラインでの選考は、対面での選考と比較すると「合否の見極めが難しい」と思いますか。」(n=111)と質問したところ、「非常にそう思う」が32.4%、「ややそう思う」が59.5%となり、合計すると91.9%となった。対面での選考が好ましいと思う人事が多いという背景として、見極め難易度の高さを感じている人事が多いようだ。

グラフ6
[画像クリックで拡大表示]

当落線上の評価となった場合、約6割が「なんとなく合格にする」

 Q6で「非常にそう思う」「ややそう思う」と回答した人に、「Q7.当落線上の評価(合否に迷う)となった場合、行動として多い傾向にある選択肢を教えてください。」(n=102)と質問したところ、「なんとなく合格にすることが多い」が61.8%、「なんとなく不合格にすることが多い」が24.5%となった。合否に迷った場合には合格にする割合が高く、オンライン選考では、合否判断に関する情報が不十分であっても、限られた中でポテンシャルや意欲を評価する傾向があるのかもしれない。

グラフ7
[画像クリックで拡大表示]

人事担当者の91.2%が、オンライン選考において当落線上の評価になった際、自信を持った判断ができないと思った経験あり

 Q6で「非常にそう思う」「ややそう思う」と回答した人に、「Q8.当落線上の評価となった場合、自信を持った判断ができないと思った経験はありますか。」(n=102)と質問したところ、「5回以上ある」が50.0%を占めた。多くの人事担当者が、自信を持った判断ができないと感じていることが分かる。

グラフ8
[画像クリックで拡大表示]

自信を持った判断ができない理由、8割以上が「候補者の本音を感じづらいから」

 Q8で「1回以上ある」と回答した人に、「Q9.自信を持った判断ができないと思った理由を教えてください。(複数回答)」(n=93)と質問したところ、「候補者の本音を感じづらいから」が82.8%で最多となった。オンライン選考において、採用候補者の合否を見極められない要因として、候補者の本音を引き出すことが難しいと考えていることが分かる。

グラフ9
[画像クリックで拡大表示]

人事担当者の78.4%が「オンライン選考のほうが入社後ミスマッチが多い」と実感

 「Q10.オンラインでの選考と対面での選考と比較した場合、入社後ミスマッチ(能力や人柄が選考時とギャップを感じる事例)だったと感じることが多いものを教えてください。」(n=111)と質問したところ、「オンライン選考のほうが入社後ミスマッチが多い」が78.4%となった。オンライン選考における合否判断の難しさが、入社後のミスマッチにつながっているのかもしれない。

グラフ10
[画像クリックで拡大表示]

採用候補者の自社への理解度が最も高い採用経路は「直接応募・問い合わせ」

 「Q11.採用経路別での応募者の自社への理解度を教えてください。」と質問したところ、最も理解度の高い採用経路は「直接応募・問い合わせ」であり、次点で「採用サイト・採用特設ページ」となった。求職者が主体的に応募する経路の理解度が高いことが分かる。

グラフ11
[画像クリックで拡大表示]

最も人材が活躍している採用経路も同様に、「直接応募・問い合わせ」

 「Q12.採用経路別での応募者の入社後の活躍度合を教えてください。」と質問したところ、最も活躍がある経路は、最も理解度の高い経路と同様の「直接応募・問い合わせ」だった。理解度の高い人材を効率的に採用することが自社の利益につながることが分かる。

グラフ12
[画像クリックで拡大表示]

【関連記事】
23年卒採用、予定数を上回る「内々定出し」を行った企業は43.8%で昨年比7.5ポイント増―学情調べ
中途エンジニアの採用選考で最も重要視する点、「技術力」と「コミュニケーション能力」がほぼ同率―レバテック調べ
オンライン面接ツール「harutaka」の面接動画データを分析、採用力向上を支援する取り組みを開始―ZENKIGEN

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/4272 2022/09/07 17:02

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2022年7月28日(木)12:30~16:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング