SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2024 Summer

2024年7月25日(木)10:30~17:30

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

eラーニング・LMS<br>主要製品スペック一覧 2024

eラーニング・LMS
主要製品スペック一覧 2024

その他のスペック一覧

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2023

IT人材ラボニュース

会社員の働き方とストレス・生産性の関係を調査、大企業は制度が充実しているものの活用への理解は低い―Wrike

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 同調査は、日本国内では18歳~64歳の自営業を除く会社員1034名(男性442名、女性592名)に対して、2018年11月29日~30日の期間に、アメリカ・イギリスでは18歳~60歳の男女1102名に対して2018年6月25日に、それぞれ実施されている。

 日本国内の会社員について、仕事上のストレスを従業員数別にみたところ、従業員数が多くなるほど「ストレスを感じる」人が多くなる傾向にある。また、働き方に関する制度は大企業ほど充実度が高くなるが、制度活用への理解度は低く、うまく活用できていない。

普段どれくらいストレスを感じているか
[画像クリックで拡大表示]



会社の「ワーク・ライフ・バランス」や「働き方の多様性」を実現する制度の充実度合い
[画像クリックで拡大表示]

 従業員の健康維持・増進について、関心のあるテーマのうち当てはまるものをすべて選んでもらう質問では、「ストレス対策に関する取組み」(48.9%)がもっとも多く、以下「メンタルヘルスに関する取組み」(43.7%)、「長時間労働者への対応に向けた取組み」(38.9%)が続く。なお、「ストレス対策に関する取組み」については、男性の20代、30代、50代、および女性の20代の半数以上が関心がある、という結果となっている。

従業員の健康維持・増進について当てはまるもの
[画像クリックで拡大表示]

 また、従業員規模別では、大企業ほど「長時間労働者への対応に向けた取組み」のスコアが高く、配慮していることがわかる。

従業員の健康維持・増進について当てはまるもの(従業員規模別)
[画像クリックで拡大表示]

 職場でEメールやインスタントメッセージを読んだり返信したりするのに、1日何時間くらい使っているかを、アメリカやイギリスと比較したところ、日本では1時間以下という回答が7割以上だったのに対し、アメリカやイギリスでは3時間36分だった。さらに、社内外を問わず、1週間で何時間くらい会議をしているかを尋ねた質問では、日本では9割近くが「1~5時間」、アメリカ・イギリスでは75.8%が「1~5時間」と答えており、アメリカ・イギリスの方が会議時間はやや長いといえる。

職場でEメールやインスタントメッセージを読んだり返信したりする時間
[画像クリックで拡大表示]
1日あたりのEメール・インスタントメッセージ使用時間
[画像クリックで拡大表示]
1週間あたりの会議時間
[画像クリックで拡大表示]
職場で使っているアプリケーションの数
[画像クリックで拡大表示]

 「職場でストレスを感じるか」を尋ねた質問では、日本では6割以上がストレスを感じているのに対して、アメリカ・イギリスでは3割程度と、大きな差が見られた。

職場で普段どのくらいのストレスを感じているか
[画像クリックで拡大表示]

 職場におけるストレスが原因となる行動としては、日本では「寝られなくなった」「職場で感情的になった」が25.0%を超えたが、アメリカ・イギリスでは「新しい仕事を探した」(60.3%)がもっとも高く、ストレスに対応する考え方の違いが明らかになっている。

職場でのストレスに起因する行動
[画像クリックで拡大表示]

 ストレスと生産性との関係について、もっともよく説明しているものはどれか、当てはまるものを選んでもらったところ、日本では「多少のストレスには対処できるが、仕事のクオリティが損なわれる」(33.8%)が最多だった一方、アメリカ・イギリスでは「少しストレスがあったほうが集中できて仕事がこなせる」(34.3%)がもっとも多かった。

ストレスと生産性との関係
[画像クリックで拡大表示]

 ストレスと生産性との関係の記述について「そう思う」と回答した割合を比較すると、「管理者は私の仕事量を正しく理解している」ではアメリカ・イギリスが51.1%、日本は30.7%、「会社の成長に個人として責任を感じる」ではアメリカ・イギリスが半数以上だったのに対して、日本は33.9%という結果となっている。

ストレスと生産性との関係について当てはまるもの
[画像クリックで拡大表示]

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
IT人材ラボニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岩佐 優子(トップスタジオ)(イワサ ユウコ)

ITや理工関係を中心に幅広い分野のコンテンツを手がける、株式会社トップスタジオに在籍。ITビギナーだった自身の経験から、「IT分野が苦手な人でも理解しやすい内容とは」を考える日々。当社が設立20周年を迎えたことを機に、新しい企画についても模索中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

IT人材ラボ・トップスタジオ(アイティジンザイラボ・トップスタジオ)

株式会社トップスタジオとIT人材ラボとの協働チームです。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/1505 2019/03/01 15:07

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2024年7月25日(木)10:30~17:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング