HRzine

注目の特集・連載

シスコ「DevNet」とその資格が育むアプリ&ネット両利きエンジニアはITも社会も変えていく原動力

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/14 06:00

DevNet認定でもスタンダードを目指す

――トレノケートでDevNet認定の対策コースを開講されてみて、ネットワーク系の方にソフトウェアの知識を教える上で、何か苦労されていることはありませんか。

吉田:受講者の感想で一番多かったのが、「Pythonのプログラム言語が思ったよりキツかった」というものでした。DevNetの概要を把握するだけであれば、サンプルコードをもとに進めることはできるのですが、より丁寧にDevNetのエッセンスを汲み取ろうとすると、Pythonの習熟が大きなハードルになってしまうようです。弊社としてPythonの入門コースの用意はしているものの、それとは別に、DevNet専用のネットワークエンジニア向けのPython入門コースを用意する必要があると感じているところです。

吉田 聡志氏
吉田 聡志(よしだ さとし)氏
職務:インストラクター
資格・認定:シスコシステムズ認定インストラクター、ネットワークスペシャリスト、情報セキュリティスペシャリスト、
SIerでコンピュータ インフラの構築業務に従事した後、現職に至る。 Cisco や Microsoft などのサーバー/ネットワーク インフラの研修コースを担当。 「楽して学ぶ、楽をするからたくさん学べる」を目標に、わかりやすい講義ができるように心がけている。
メッセージ「ネットワークの学習は、ITエンジニアにとってお得な買い物です。ネットワークはコンピュータにとって不可欠な技術要素です。変化の早いコンピュータ業界ですが、ネットワークの基礎知識を習得しておけば、クラウドやセキュリティなどの新しい分野にも短期間で対応できます」

――通常のPython入門と切り分ける必要があるというのは、なぜでしょう?

吉田:通常のプログラム入門では文法から学習します。そうすると、実務との関連性が分かりにくいため、なかなか興味をもって学習を進めることができません。今回、DevNetというシスコ製品を動かしながらプログラミング言語を学習していく道筋が開きましたので、「これまで自分が手入力していたコンソールのコマンドを、Pythonに置き換えたらどうなるのだろう?」と確認しながら学習を進めることができるのではないかと考えています。

――確かに、そのほうがネットワークエンジニアの方にとってゴールのイメージがしやすく、スムーズに入っていけそうです。まだDevNet認定コースはスタートされたばかりということですが、今後どのような展開を予定されていますか。

日鷹:今年度中はDevNet認定コースを担当できるインストラクターを増やすところから始め、企業研修としてもご活用いただけるよう、認知度を高めていきたいです。

吉田:まずは、先ほど申し上げたPythonのファーストステップをクリアするためのDevNet対応プログラムを強化することと、弊社ではDevNet以外にもインフラの自動化や管理のコースも提供していますので、既存のコースとDevNetをうまくつなげられるような研修プログラムの作成・提供を目指していきたいと考えています。

――なるほど。では最後に、シスコとしてDevNetに関する直近の動きや、今後の展望を教えていただけますか。

土屋:今年の2月に、弊社のお客様やパートナー企業、学生の方に参加いただいて、2日間にわたるDevNetのアイデアソン&ハッカソンを初めて開催しました[3]。また、シスコ社内でもアジアパシフィック全体で同様のコンテストを開催し、DevNetのユースケースを考えてみる取り組みを始めています。そのなかでは、ショッピングモールのトイレに行列ができるのを解消するために、センサーで行列の人数を検知して、空いているトイレに行くとクーポンが発行されるような仕組みなど、さまざまな分野で面白いアイデアがたくさん発表されました。このようなシスコ製品だけではなく、サードパーティ製品と連携して、さまざまなところで自動化・最適化を図り、お客様のビジネスに貢献できる事例をどんどん増やしていくことが重要だと考えています。DevNet認定もこれまでのCCNA・CCNP・CCIE認定と同様にスタンダードにしていけるよう、今後もいろいろな取り組みを進めていく予定です。

[3]: 【参考】Cisco Japanブログ「DevNetアイデアソン&ハッカソン 2020 東京 開催しました!」前篇後篇



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 野本 纏花(ノモト マドカ)

    フリーライター。IT系企業のマーケティング担当を経て2010年8月からMarkeZine(翔泳社)にてライター業を開始。2011年1月からWriting&Marketing Company 518Lab(コトバラボ)として独立。共著に『ひとつ上のFacebookマネジメント術~情報収集・人脈づくり・セルフブランディングにFacebookを活用しよう』がある。

  • 市古 明典(HRzine編集長)(イチゴ アキノリ)

    1972年愛知県生まれ。宝飾店の売り子、辞書専門編集プロダクションの編集者を経て、2000年に株式会社翔泳社に入社。月刊DBマガジン(休刊)、IT系技術書・資格学習書の編集を担当後、2014年4月より開発者向けWebメディア「CodeZine」の編集に参加。その後、2017年7月にエンジニアの人事をテーマとする「IT人材ラボ」を立ち上げ。2020年8月に人事全領域にテーマを広げた「HRzine」をスタートさせた。

HRzine
2020/09/14 06:00 /article/detail/2436
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0