SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

受講者募集中!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2022 Summer

2022年7月28日(木)12:30~16:40

最新資料

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

採用活動の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

その他のスペック一覧

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2021

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2021

アプリケーション開発者・ネットワークエンジニアがこれから目指す先(PR)

シスコ「DevNet」とその資格が育むアプリ&ネット両利きエンジニアはITも社会も変えていく原動力

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 シスコシステムズ(以下、シスコ)が運営している開発者向けプログラム「Cisco DevNet」(以下、DevNet)。アプリケーション開発者&インフラ技術者のためのネットワークプログラミングコミュニティとして、資料や学習リソースを提供してきたが、2020年2月より新たな認定資格として「DevNet 認定プログラム」(以下、DevNet認定)をスタートさせた。この資格を取得することによって、エンジニアはもとより企業にとってどんな利益がもたらされるのだろうか。シスコおよび、シスコ認定プラチナラーニングパートナーとしてDevNet認定プログラムに対応した育成プログラムを提供するトレノケートの2社に話を聞いた。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

DevNetはこれからの“両刀使いのエンジニア”を育てる

――まずはDevNetとはどのようなものか、教えていただけますか。

シスコ 土屋征太郎氏(以下、土屋):DevNetは、アプリケーションプログラミングインターフェイス(API)やプログラミングに関する一般的な情報を中心とした、テクノロジーを学習するためのコンテンツを発信する「Webサイト」の機能と、エンジニア間でサポートし合う「コミュニティ」の機能を持ち合わせたプラットフォームです。DevNetは2014年にスタートしていて、現在では全世界で50万人以上が参加するコミュニティに成長しています。

 DevNetはもともとアプリケーション開発者向けに、シスコ製ネットワーク機器と他社製品の接続をサポートすることからスタートしたプログラムです。そのため、アプリケーション開発者が主な参加者だったのですが、近年ではシスコのコアユーザーであるネットワークエンジニアも増えてきました。また、今はネットワークもソフトウェアシステムとしての側面を強めており、我々もプログラミングができるエンジニアを、シスコ製ネットワーク機器を使いこなせるパワーユーザーとして重要視しています。DevNetを通じて、ネットワークエンジニアとアプリケーションエンジニアの境界線をなくし、新しいITエンジニアのロールを創出したいと考えています。

土屋 征太郎氏
土屋 征太郎(つちや せいたろう)氏
所属:システムズエンジニアリング
役職:執行役員
1999年シスコシステムズに入社。パートナー事業、エンタープライズ事業、コーポレート事業を担当するシステムズエンジニアリング部門を経て、2016年9月よりシステムズエンジニアリング部門を統括。

――新たにDevNet認定を2月から始められたということですが、シスコがDevNetに注力されている背景を教えてください。

土屋:デジタルトランスフォーメーションに対する意識が高まっているなかで、ITの見直しを図る企業が増えている現状があります。これに伴ってネットワークとアプリケーションの連携が、ますます重要になってきています。加えて、昨今のコロナ禍によって、クラウドの台頭が著しく、次世代のインテグレーションが求められています。シスコが改めてDevNetにフォーカスする背景には、こうしたトレンドについていけるエンジニアを増やしたいという思いが込められています。

――これまでのエンジニアは「アプリケーションだけ」とか「ネットワークだけ」といった分業制が主流でしたが、これからはどちらもできる“両刀使いのエンジニア”が求められてくるのですね。

土屋:そうですね。どちらも分かっていたほうが、エンジニアとしての価値が上がりますし、ビジネスにとっても大きなメリットになると考えています。

次のページ
シスコの新たな認定資格「DevNet認定」とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
この記事の著者

野本 纏花(ノモト マドカ)

フリーライター。IT系企業のマーケティング担当を経て2010年8月からMarkeZine(翔泳社)にてライター業を開始。2011年1月からWriting&Marketing Company 518Lab(コトバラボ)として独立。共著に『ひとつ上のFacebookマネジメント術~情報収集・人脈づくり・...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

市古 明典(HRzine編集長)(イチゴ アキノリ)

1972年愛知県生まれ。宝飾店の売り子、辞書専門編集プロダクションの編集者を経て、2000年に株式会社翔泳社に入社。月刊DBマガジン(休刊)、IT系技術書・資格学習書の編集を担当後、2014年4月より開発者向けWebメディア「CodeZine」の編集に参加。その後、2017年7月にエンジニアの人事を...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/2436 2020/09/14 06:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2022年7月28日(木)12:30~16:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング