HRzine

注目の特集・連載

2020年10月Amazon調べ 「人事・労務」のベストセラー書籍トップ50

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/11/30 06:00

 2020年10月の1か月間に、Amazonで最も売れた人事・労務関連本は何か――。本記事では、そのランキング1位から50位までを発表する(Amazon協力のもと、オフィス管理・OA、秘書を除く「総務・人事・労務管理」ランキングから作成)。また、ランキング内の注目書籍のほか、ランキング外・カテゴリー外だが気になる人事向け書籍も紹介する。

今月の注目書籍

さよならオフィス

 4位にジャンプアップした『さよならオフィス』は10月の新刊。コロナ禍でリモートワークを実施する企業が増加した流れで、一時、オフィスを解約する企業が話題になった。しかし、オフィスの必要/不要を考えることは、会社組織の運営を見直すことにつながる。働き方の多様性の実現、従業員の成長とエンゲージメントの向上、生産性の向上などをこれからどう実現していくのか。本書もオフィスの扱いを通して、これを問うているように思える。

パワハラ問題―アウトの基準から対策まで―

 13位の『パワハラ問題―アウトの基準から対策まで―』も10月の新刊。意識的にしている場合は論外だとしても、無意識に、むしろ良かれと思ってとった言動が該当する場合も多いのがパワハラの恐ろしいところである。本書はパワハラの基礎知識から6つの行為類型、パワハラをしないための5つの心得などを示してくれる。また、テレワークでのハラスメント「テレハラ」など、最新のケースも採り上げている。

IT人材が輝く職場 ダメになる職場 問題構造を解き明かす

 23位の『IT人材が輝く職場 ダメになる職場 問題構造を解き明かす』は沢渡あまね氏の新刊。引く手あまたで採用が難しいIT人材だが、採用してもすぐに転職されてしまう場合も少なくない。本書は、IT人材が定着しない環境=アンチパターンを紹介して、その原因を明らかにし、対策を教えてくれる。IT人材の定着というだけでなく、組織を別の角度から見て、組織の悪習を見つけるきっかけを与えてくれそうな一冊だ。

*     *     *

 1位から50位までの全体ランキングについては次のページに掲載している。なお、前月順位についてはデータ取得の方法・仕様により変動する場合がある。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

    翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

  • 市古 明典(HRzine編集長)(イチゴ アキノリ)

    1972年愛知県生まれ。宝飾店の売り子、辞書専門編集プロダクションの編集者を経て、2000年に株式会社翔泳社に入社。月刊DBマガジン(休刊)、IT系技術書・資格学習書の編集を担当後、2014年4月より開発者向けWebメディア「CodeZine」の編集に参加。その後、2017年7月にエンジニアの人事をテーマとする「IT人材ラボ」を立ち上げ。2020年8月に人事全領域にテーマを広げた「HRzine」をスタートさせた。

バックナンバー

連載:Amazonランキング

もっと読む

HRzine
2020/11/30 06:00 /article/detail/2659
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0