SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

乞うご期待ください!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2023 Winter

2023年2月2日(木)12:40~16:50

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2022

その他のスペック一覧

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

採用ブランディング ケーススタディー feat. talentbook | #1

JX金属の採用ブランディング1年目 認知の拡大に手応えを感じた取り組みとは

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 人材獲得競争がますます熾烈になっている現在、転職潜在層までを対象とした中⻑期的な人材獲得活動が不可欠となっている。その核となる活動が、採用候補者に自社や事業を知ってもらうことで、入社に至るまでの関係性を構築する「採用ブランディング」だ。しかし、ブランディングといっても通常の活動と何がどう異なるのか、迷う方も多いだろう。そこで、採用ブランディング支援サービス「talentbook」を提供するPR Tableと、その顧客企業の対談を通じて、採用ブランディングの考え方や実践方法を探っていく。第1回は、非鉄金属業界のリーディングカンパニーJX金属の人事部 七宝璃彩子氏と山本⻯輝氏、ならびにPR Table アカウントエグゼクティブ 楠拓也氏にご登場いただいた。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

情報発信・提供の不足に気づかされた

──まずはJX金属様における採用の状況や課題についてご紹介いただけますか。

七宝璃彩子氏(以下、七宝) 特徴的なのは、ここ2〜3年で採用計画数が急拡大しているところです。私が担当している新卒採用では例年50人ほどだったのが、本年度は100人程度に倍増しました。その背景には、好調な既存事業の拡大に加え、新規事業創出にも積極的に挑戦しようとしていることがあります。これ自体はとても喜ばしいことですが、新型コロナによるオンライン化の影響とも重なり、採用活動の在り方を大きく変える必要に迫られました。

山本⻯輝氏(以下、山本) キャリア採用についても同様に、これまで100人弱規模だったのが、昨年は200人規模に拡大し、状況としては新卒以上にキャリア採用が増えています。特に近年では、DXの文脈からIT系・デジタル系の即戦力人材や、新工場の建設に向けたプラントエンジニアの採用も大きな課題です。

 新卒採用もキャリア採用も、今まで以上に採用数を増やさなければいけない状況の中、これまでと同じことをしていては、人材の採用は厳しい。素材メーカーとして、専門分野の学生や近しい業界からの転職希望者の方々にはある程度、就職先として意識されていると思いますが、それ以外の潜在層にもPRし、もっと認知を広げていかなければ、必要な人材を採用できないという危機感を持っています。

楠拓也氏(以下、楠) ご一緒し始めた際、事業の継続および拡大のために、新卒採用もキャリア採用も、これまでにない規模が求められている。けれど、それに見合うだけの母集団を形成できていないという印象はありましたね。

七宝 そうですね。まずは「当社に興味を持ってくださる方」を増やし、そこから入社可能性のある母集団を作り上げていく必要があると感じていました。BtoBの素材メーカーということで、認知される機会が少ないという課題があると思います。当社事業と親和性のある分野を専攻していたり、元から業界や仕事内容に惹かれて集まってくださる方ももちろんいますが、それ以外の潜在層へのアプローチも必要です。

 また、当社を入社先として認知していると思われる層でも、採用の選考途中で離脱されたり、内定承諾のフェーズで当社を選んでもらえなかったりすることが度々生じていました。それなりに大きなイベントや交流の場を設けたりもしたのですが、自社の魅力や働きがいなどを伝える継続的な情報提供やコミュニケーションが十分とはいえず、いわゆる“エンゲージメント”が十分に醸成されていないのではないかという反省がありました。

七宝 璃彩子氏
七宝 璃彩子(しっぽう りさこ)氏
JX金属株式会社 プロジェクト推進本部企画管理グループ主任 兼 人事部主任 兼 経営企画部広報室主任
2017年入社。総務人事職種として大分県の銅製錬所に配属され、採用・教育・人事・地域CSRなどを担当。2020年より人事部に異動後、新卒採用担当として選考やインターンシップなどの企画・運営を経験。現在は茨城県における新工場立ち上げプロジェクトの総務人事を主担当としながら、全社の新卒採用や広報など幅広い業務に携わっている。

山本 キャリアの方は、新卒の方とは求めている情報が異なると感じています。特に業務内容や働き方に関しては、よりきめ細やかな情報提供が必要だと考えています。例えば、DX人材として期待するIT系の採用では、そもそもターゲットになり得る方々は首都圏で働いていることが多いです。ですが、もし当社で働くとなった場合、地方の工場などでのDXプロジェクトや製造プロセスの改善に携わってもらうことになります。そうなると、仕事の進め方や働き方、住環境などが今までとは違う環境で働くことになりますが、そこをイメージしていただくことが難しく、応募や入社を躊躇してしまう方が少なくありません。でも、メーカーのSEだからこそ、できることややりがいもあり、首都圏とはまた違った働き方もあります。そこにフィットする人はいるはずなので、しっかりと情報を開示して魅力を伝えていくことが必要だと思いました。

──新卒採用における文系も含めた「幅広い層への認知拡大と母集団形成」、そして、キャリア採用も含めて採用候補者へのコミュニケーションや情報開示による「エンゲージメントの醸成」が2大課題となっていたのですね。そうした課題感から、採用ブランディングというアプローチを検討されたと伺っています。

七宝 そうですね。2~3年前くらいから課題を感じ始め、「talentbook」を導入したのは、2021年の8月からですね。ご相談した際、どのような印象でしたか。

 やはり、情報発信量が不足しているという印象でした。例えば、新卒学生に人気のITやコンサル、商社などは、人気だからこそ情報も潤沢にある。逆にいえば、目に止まりやすいから人気も出るという状況にあります。とにかく情報がどんどん発信され、あふれかえる中で、情報を発信し続けていないと埋もれてしまうのは事実なので、認知されるためには、一定の情報発信の量は必要だと思いました。

七宝 そのようなアドバイスをいただき、改めて自社の情報発信を眺めてみました。1次情報としてはWebサイトも充実させているし、それなりに行っていたつもりでしたが、talentbookのようなWebメディアでの露出はほとんど行っていませんでした。求職者がせっかく検索してくれても、提供されている情報が少なく、もったいないことをしていたなと今では思います。また、コロナ禍でリアルな工場見学や懇親会などができなくなり、仕事や人の魅力を伝える機会が減ってしまっていたにもかかわらず、そこを補完する手を十分には打てていませんでした。

山本 オンラインではなく、リアルな工場見学や懇親会で伝える情報の大切さを実感しましたよね。その意味で、ネットを介しての情報発信の難しさも感じています。というのも、当社の魅力について入社した人にヒアリングすると、「人」という声がすごく多いのです。自分のことを理解して活躍をサポートしてくれる人がいるとか、働いている人に余裕が感じられるとか、人を見て当社を選んでくれているわけです。そこで、自社の採用コンテンツも「人」を打ち出したものを増やしたのですが、社内リソースだけではこれ以上更新頻度を上げるのも難しく、そもそも大量のネットコンテンツの中で当社のサイトに誘導することもできず、いろいろと悩ましく思っていました。

山本 ⻯輝氏
山本 ⻯輝(やまもと りゅうき)氏
JX金属株式会社 人事部 主任
2021年キャリア入社。前職では営業・人事と経験し、人事のプロフェッショナルとしてのキャリアを志向し転職。入社以来、人事部採用チームにてキャリア採用や高専生採用を担当。2022年10月より新卒採用の主担当として、選考やインターンシップなどの企画・運営に従事している。

七宝 そんな中、talentbookのタイムリー性を担保しながら記事を蓄積していけるという点、さらには「人」のストーリーにフォーカスするメディアである点に魅力を感じまして、試してみようと思ったわけです。記事の作成においても機動力を発揮いただき、コンスタントな発信ができています。

山本 私は昨年秋より、編集長という形でコンテンツ制作に携わっていますが、採用メンバーに加えてPR Tableさんの第三者的な視点から見たアドバイスがたいへん役に立っています。特に、カスタマージャーニーマップを作成して、いつどの時点でどんな情報が必要なのかマッピングできたことで、年間を通して発信すべき情報を把握できたのはよかったです。やみくもに記事を作成するのではなく、戦略性を持って取り組めるようになりました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー


次のページ
さまざまな現場で働くさまざまな人をリアルに見せる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
採用ブランディング ケーススタディー feat. talentbook連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

エディター&ライター。児童書、雑誌や書籍、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ライティング、コンテンツディレクションの他、広報PR・マーケティングのプランニングも行なう。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

市古 明典(HRzine編集長)(イチゴ アキノリ)

1972年愛知県生まれ。宝飾店の売り子、辞書専門編集プロダクションの編集者を経て、2000年に株式会社翔泳社に入社。月刊DBマガジン(休刊)、IT系技術書・資格学習書の編集を担当後、2014年4月より開発者向けWebメディア「CodeZine」の編集に参加。その後、2017年7月にエンジニアの人事を...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/4394 2022/11/29 08:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2023年2月2日(木)12:40~16:50

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング