HRzine

注目の特集・連載

マネージャーを救え! 「3つのマネジメントイベント」を支援するツールが企業の競争力を高める

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/03 06:00

 労働人口の減少を背景に、働く人たちの環境と価値観は大きく変化している。今ほどマネージャーが部下の成長や活躍を促す役割(ピープルマネジメント)を求められる時代はないが、それを苦手としているマネージャーは少なくない。さらに、日本企業にはプレイングマネージャーが多く、メンバー一人ひとりに手をかける余裕もない。リモートワークも普及しコミュニケーションがいっそう減る中で、マネージャーはメンバーとどう向き合えば良いのか。ピープルマネジメント支援ツール「Wistant」を提供するRELATIONS株式会社でWistant事業責任者を務める加留部有哉氏に聞いた。

エンゲージメントを高めるピープルマネジメント

――企業の成長において、マネージャーが重要な役割を果たしていることは昔から変わりません。しかし、最近では「指示・命令」が中心の昭和・平成的なリーダーシップが通用しなくなるなど、マネージャー像が大きく変化しているように感じます。この変化についてどう見ていらっしゃいますか。

 かつてのマネージャーの悩みのほとんどは、「どうすれば部下のパフォーマンスを高めて成果を上げられるか」ということでした。この悩み自体は今も同様に存在していますが、多くの企業は、組織が持っていたパワーが従業員にシフトしたことに追随できていません。さらに経営環境の変化が部下の育成をさらに難しくしています。少し考えてみただけでも、「長期雇用の終焉」「年功序列の崩壊」「ハラスメント問題」「働き方改革」など、様々な要因がマネージャーたちの悩みをより複雑なものにしています。

加留部 有哉氏
加留部 有哉(かるべ ゆうや)氏
RELATIONS株式会社 Wistant事業責任者
2015年、RELATIONS株式会社に入社し、Webメディア「SELECK(セレック)」の立ち上げに参加。その後、新規事業の開発に携わり、現在は人のパフォーマンスが100%発揮される組織をつくるピープルマネジメントツール「Wistant(ウィスタント)」の事業責任者を務める。

 とはいえ、経営者も人事も変わらなくてはならないことは十分に認識しています。従業員との間に生じる摩擦を放置していては、組織のパフォーマンスを上げることは困難です。もつれた糸を解きほぐし、組織のポテンシャルを最大限に発揮できるようにするには、マネージャーが従業員一人ひとりに向き合い、組織の中での成功にコミットする「ピープルマネジメント」を実践することが求められているのです。

――なるほど。今のマネージャーに必要なのはピープルマネジメントの実践であると。

 その必要性は2つの調査結果からも見て取れます。次の図1は、ピープルマネジメントが従業員のエンゲージメントに与える影響を調査した結果です。最も影響を与える要素になった「(自身の)パフォーマンスがしっかり承認されること」以下、これらの施策を実践することでエンゲージメントを高めることができます。

図1:どのようなピープルマネジメントがエンゲージメントを高めるか(出典:RELATIONS)
図1:どのようなピープルマネジメントがエンゲージメントを高めるか(出典:RELATIONS)
[画像クリックで拡大表示]

 そして、ピープルマネジメントによりエンゲージメントを高めれば、組織のポテンシャルが最大限発揮されるようになることが、図2の調査結果で明らかになっています。エンゲージメントの高さ上位25%の企業は、顧客満足度や生産性などの面で、下位25%よりもずっと高い。

図2:エンゲージメントの向上が組織のポテンシャルを高める(出典:RELATIONS)
図2:エンゲージメントの向上が組織のポテンシャルを高める(出典:RELATIONS)
[画像クリックで拡大表示]

 注意したいのは、エンゲージメントを高めることの目的は、あくまでも会社の業績向上にあることです。それを忘れ、ただ居心地の良い環境を作るだけでは状況は変わりません。難しい舵取りが求められる事業環境だからこそ、すべてのマネージャーが部下の成功にコミットする優れたコーチに変わらなくてはなりません。時にはメンバーと軋轢が生じることもあるでしょう。しかし、それがひいてはメンバーのパフォーマンスを最大化し、組織として大きく成長する機会を得ることにつながります。メンバー一人ひとりの成功を願い、伝えるべきことを伝えることが必要なのです。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

    IT調査会社(ITR、IDC Japan)で、エンタープライズIT分野におけるソフトウエアの調査プロジェクトを担当する。その傍らITコンサルタントとして、ユーザー企業を対象としたITマネジメント領域を中心としたコンサルティングプロジェクトを経験。現在はフリーランスのITアナリスト兼ITコンサルタントとして活動中。ビジネスとテクノロジーのギャップを埋めることに関心があり、現在はマーケティングテクノロジーを含む新興領域にフォーカスしている。

  • 市古 明典(HRzine編集長)(イチゴ アキノリ)

    1972年愛知県生まれ。宝飾店の売り子、辞書専門編集プロダクションの編集者を経て、2000年に株式会社翔泳社に入社。月刊DBマガジン(休刊)、IT系技術書・資格学習書の編集を担当後、2014年4月より開発者向けWebメディア「CodeZine」の編集に参加。その後、2017年7月にエンジニアの人事をテーマとする「IT人材ラボ」を立ち上げ。2020年8月に人事全領域にテーマを広げた「HRzine」をスタートさせた。

バックナンバー

連載:特別企画

もっと読む

HRzine
2020/09/03 06:00 /article/detail/2389
All contents copyright © 2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0