SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2024 Winter

2024年2月1日(木)12:00~17:40

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2023

その他のスペック一覧

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2023

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2023

IT人材ラボニュース

新コース「イノベーションを起こす!~アイディアがどんどん出てくる組織づくりのヒント~」を11月16日に開講―リクルートマネジメントソリューションズ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 「イノベーションを起こす!~アイディアがどんどん出てくる組織づくりのヒント~」は、一橋大学イノベーション研究センターの清水洋教授が、アカデミックな知見に基づいて開発したイノベーション組織開発プログラム。

 双方向型レクチャーによって、イノベーションに関する理解の目線合わせを行った後に、「レゴブロック」を使ったワークを通じてクリエイティビティと戦略の重要性を体感しつつ、新しいアイデアが出てくるような組織づくりを、受講者ワークを通じて考えていく。

 研修ゴールは以下の通り。

  • イノベーションとは何かを伝えることができるようになる
  • イノベーションのための基本的な土壌を理解している
  • 新しいアイディアが生まれる組織をつくるために、最初の一歩を踏み出してみようと思える
  • 新しさが生まれる(生まれなくなる)瞬間についての感覚が得られる

 対象となる職種は、企画、新規事業開発、プロダクトマネジャー、プロジェクトリーダー、および「心理的安全性」の高い組織作りに関心のある人で、年次や役職は問わない。

 研修場所や受講料などのセミナー概要は次のとおり。

開催地 田町
期間 3時間
総研修時間
(食事時間を除く)
3時間
開催時間 3時間(9:00~12:00、13:00~16:00、17:00~20:00の時間帯)
受講費用 1万5000円/名(税抜き) ※チケット制対応あり
受講対象 年次や階層は問わない。そもそもイノベーションとは何かと思っている人、新しいチャレンジを求められているがどうも組織が重い、遅いと感じている人、新しいアイディアがなかなか組織から出てこないと感じている人など。
事前課題/準備 なし
詳細 同セミナーのWebページを参照

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
IT人材ラボニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

IT人材ラボ・トップスタジオ(アイティジンザイラボ・トップスタジオ)

株式会社トップスタジオとIT人材ラボとの協働チームです。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/1248 2018/09/25 15:51

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2024年2月1日(木)12:00~17:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング