SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

受講者募集中!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2022 Summer

2022年7月28日(木)12:30~16:40

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2022

その他のスペック一覧

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

HRzineニュース

24年ぶりに人事制度を全面改定、キャリアパス体系や等級・評価制度・賃金水準など見直しへ―藤田観光

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 藤田観光は、「事業計画」として推進している構造改革の一環として、24年ぶりの全面改定となる新人事制度を4月から導入する。

 制度設計にあたり、同社は事前に社員へモチベーションサーベイを実施し、問題意識が高かったキャリアパス体系、等級制度、評価制度、賃金制度などを改定。現状の年功的要素を排除し、会社・商品・自己を変革し挑戦を続ける人、成果を出した人が処遇の面で報われ、キャリアアップが可能となる仕事基準の制度に刷新すると述べている。

 同社は、ホテル・旅館・レストラン・スパ・レジャーなど、多岐にわたる事業を展開しており、社員の職種や業務内容も多様となっている。そこで、キャリアパス体系を複線型にすることにより、マネジメント力に重きを置いたゼネラリストから、専門能力を追究するスペシャリストまで、社員が描くキャリア選択の幅を拡大。また、行動等級と職務等級という2本立ての等級制度(ダブルラダー型)を採用することにより、担当する仕事の難易度や遂行度、成果を評価し、昇給・昇格に反映させる実力主義の制度を実現するという。

 これ以外にも、同社はキャリア支援の仕組みの整備、職種ごとの職務リストによる評価の実施、給与体系の見直しを実施した。今後は、子会社の新人事制度の改定、時間・勤務地・職種を限定した社員区分、360度評価などについて検討を行っていくとしている。

 改定のポイントは以下のとおり。

キャリアパス体系
  • 多様な事業特性に応じた専門性をそれぞれの職種で追究できるようにするため、エキスパート職群、専門職コースを新設
  • 総合職コースでは、様々な事業・職種を経験するプロフェッショナル職群を経て、ゼネラリストのマネジメント職群か、専門性を追究するエキスパート職群の選択が可能
  • 入社時より目指すキャリアが明確な調理職種は、専門職コースとして、技術の向上に励むことができる
  • 社員が自ら将来のキャリアを考え、申告できるよう「キャリアプランシート」や「キャリア面談」などのキャリア支援の仕組みを整備
等級制度
  • 現行の職能資格制度を廃止し、行動等級と職務等級のダブルラダー型の等級制度を導入。これにより、担当する仕事の難易度や遂行度、成果を評価し、昇給や昇格に反映させる実力主義の制度を実現
評価制度
  • 職種ごとの職務リストに基づく職務行動評価を軸とした、モチベーションの向上につながる分かりやすい評価制度
  • 評価者区分を見直し、より現場に近いところで社員の働きぶりを見ている評価者が評価・フィードバックを行うことで、公平で納得性の高い評価へ
賃金制度
  • 新しい賃金制度では、担当する職務や遂行度と、基本給が連動する仕組みに
  • 若年層に対する初任給の改定など、賃金水準を引き上げることによって、次世代の人材育成を強化
  • 手当制度を見直し、基本給や必要な手当へ再配分

【関連記事】
コロナ禍における従業員エンゲージメント向上のポイントを提言―リンクアンドモチベーション
「自律的・主体的なキャリア形成」を目指す若手・中堅は約8割、ただしそれに息苦しさも―リクルートMS調べ
「会社員の自律的な学びに関する実態調査」の分析結果を発表―リクルートマネジメントソリューションズ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/3871 2022/02/04 19:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2022年7月28日(木)12:30~16:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング