SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

受講者募集中!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2022 Summer

2022年7月28日(木)12:30~16:40

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2022

その他のスペック一覧

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

HRzineニュース

組織のチームワーク向上を助ける無料診断ツールをリリース、メンバーの「特性」を4タイプに分類―スコラ・コンサルト

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 スコラ・コンサルトは、企業・組織で働く人たちの仕事における行動の「特性」を大きく4つのタイプに分類し、タイプ別の相性などを解説するオンライン無料診断ツール「トクヨン診断α」をリリースした。

 同社は、個人が無意識にやっている認識・思考・行動の特徴を「特性」と呼んでおり、お互いに特性を認識し、補完し合うことで自然に連携が生じ、調和のとれたチームワーク(有機的チームワーク)ができるようになると考えているという。

 同ツールは、人事や配置を「経歴」や「経験」を基に決めていることで、人材育成やマネジメント、チームのコミュニケーションに苦労している組織や、マネジメントがアップデートされず環境変化についていけない組織のメンバーに向けた、無料の診断ツールとなっている。メンバーの多様性を活かしたチームワークを前提に、個人情報の扱い方やコミュニケーションなど、目に見えにくい仕事の「行動特性」に着目。自分の「特性」を把握し、他メンバーの特性も理解・把握して互いに補完し合うことで、有機的チーム(自発的に連携・協働するチーム)の形成を促進し、エンゲージメントを高めるとしている。

 診断上では、4つに分類される「特性」タイプが分かるほか、上司や部下、同僚のタイプを知った上でどうすれば連携できるかなど、チーム形成のプロセスを解説したハンドブックを診断結果ページからダウンロードできる。

診断結果を明日からの仕事に活かすフレームワーク

 組織内で各々のタイプを把握し、互いを補完し合うためには、特性4象限(次図)などを用いたフレームワークを実施していく必要があると、同社は述べている。

特性4象限
特性4象限

 上図は、人が情報を処理して、行動するまでの機能の流れを表している。人は何かをしようとすると、まず外界の情報をキャッチし(情報収集機能)、それから情報を整理。次に現状を把握して、課題化する(情報整理機能)。続いて、その整理に基づき作戦や構想、企画などを考え(企画機能)、企画に基づいた行動や表現・発信をする(実行機能)。そして、外界に対する行動や発信の反応からまた情報収集を行い、同じようにこの機能のサイクルを回していくのだという。

 しかし、人によってどこかの機能が弱かったり、心理的な影響で機能がふさがったりすることがあるほか、長所と短所も異なる。そこで、その人の強いところを「特性」がある部分と判断し、それを活かし合いながら連携することで、有機的チームワークが生まれるとしている。

特性連携の実例

【関連記事】
「Unipos」リニューアルにより、複数チーム間でメンバーの活躍をシェア可能に―Unipos
チームづくり、マネージャー研修に活用できるオンラインプログラムをリリース─インパクトジャパン
立教大 中原淳教授らと多様化時代の最強チームのつくり方研修をリリース―日本能率協会マネジメントセンター

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/3923 2022/03/10 15:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2022年7月28日(木)12:30~16:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング