SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2024 Summer

2024年7月25日(木)10:30~17:30

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

eラーニング・LMS<br>主要製品スペック一覧 2024

eラーニング・LMS
主要製品スペック一覧 2024

その他のスペック一覧

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2023

HRzineニュース

初任給を3万2000円引き上げ 育成期間は短縮して若手の成長意欲を刺激—JTB

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 JTBは、若年層における人事賃金制度改定と、シニア社員の活躍推進に向けた取り組みを4月1日より実施すると発表した。若年層社員の初任給を引き上げることにより、新卒採用マーケットでの競争力を強化して多様な人材の獲得を目指すという。

 詳しくは次のとおり。

人事賃金制度の改定

初任給を一律3万2000円引き上げ
改定後の金額は次図のとおり。地域間調整給は勤務する場所に基づいて支給される。首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)は2万円。
「初期育成期間」を2年間へ短縮
若手社員の成長意欲や、自律的なキャリア形成に対する意識の高まりを踏まえて、これまで入社後4年間としていた「初期育成期間」を2年間へ短縮する。成果に応じた賃金を早期から支給することで、若手社員の成長や挑戦意欲を刺激し、人材の定着とエンゲージメント向上を図る。

シニア社員の活躍推進に向けた取り組み

賞与(ボーナス)を支給
現在は構成比4%である60歳以上社員が、5年後には13%に高まることを見据え、シニア社員のモチベーション維持や高度な専門性を持つ社員の流出を防ぐために、新たに賞与を支給する。これにより、シニア社員の年収は約24%上がるという。
また、成果に応じた賃金制度へ改定するとともに、定年前と同等の職務・役割・責任を引き続き担える働き方を実現し、企業全体の活性化を図る。

【関連記事】
新卒が入社先で働きたい年数は「定年まで」が最多 一方で「年収が上がるなら転職も検討」の声—学情調べ
全従業員の賃金と新卒の初任給を一律5%引き上げ 物価高の中で安定した生活確保のため—ポニーキャニオン
25年新卒より「ジョブ型採用」を開始 初年度年収570万と勤務地も確約—GMOインターネットグループ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/5420 2024/01/12 18:30

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2024年7月25日(木)10:30~17:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング