SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

受講者募集中!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2022 Summer

2022年7月28日(木)12:30~16:40

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2022

その他のスペック一覧

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

いまさら聞けないHRDXの新常識 | #2

要員計画におけるHRDXの最前線〜ストラテジック・ワークフォース・プランニングの要点

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 必要な場所に必要なスキルを持った人材を必要な人数だけ配置する。企業が事業を円滑に進めていく上で欠かせない業務だが、これをデータに基づいて計画的に行っているところは限られるだろう。しかし、人材の希少性と流動性が若手を中心に高まってきた中、要員計画の精度を上げていかなければ、事業の成長はおろか維持もおぼつかなくなる恐れがある。今回は、このリスクを乗り越えるためのデジタル活用を解説する。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

今回の要旨

 ストラテジック・ワークフォース・プランニング(以下、SWP)は日本と海外でその意味合いが大きく異なる。ジョブ型を前提とした海外では「人材の出入り」を中心にKPIを管理(採用パイプラインなど)するが、職能型を前提とする日本では人材の質(スキルなど)と量(労働生産性など)の両側面から多くのKPIを管理することが求められる。こういった背景から、昨今、日本においてもデジタルの力を活用して効率的なSWPを実現しようとする企業が増えている。

 SWPのデジタル化によって企業が得られる果実は3つに大別される。

  • 複数システムに散在するデータの統合
  • 将来シミュレーションの実現
  • データの正確性・タイムリー性の向上

 業務がデジタル化する一方、それを使うヒトがついていけない場面が散見されるようになってきた点も見逃せない。「ヒトのDX」を推進するためには組織面・行動面からのチェンジが必要であり、ヒトがDXの足かせにならぬよう、取り組みを進める必要がある。

多くの日本企業が取り組む“SWP”とは?

 SWPは一般的に「戦略的要員・人件費計画」と訳され、自社の事業目標達成に必要な人材の量・質を見定め、現状とのギャップを埋める一連の取り組みを意味する。当然、海外にもSWPという言葉は存在するが、日本のそれとは目的やモニタリングすべきKPIが異なる。具体的なイメージを持っていただけるよう、図1に代表的なKPI例を示す。

図1:海外・日本のSWP比較
図1:海外・日本のSWP比較
[画像クリックで拡大表示]

 この図からも分かるように、海外では「人の出入り」を中心とした至ってシンプルなKPIをモニタリングすることが多い。「the right people, in the right place, at the right time, and at the right cost』(タイムリーに適切な仕事を適材へ割り当て、相応の報酬で処遇する)という考え方がベースにあり、いかに素早く自社の戦略的ポジションに人材を供給するか(事前に空席となるリスクに備えるか)がSWPの狙いとなる。

 一方、日本では総要員数や管理職比率、労働生産性といったような、組織全体の要員構成と事業への価値提供度合いを量的観点からモニタリングする。加えて、時にはコンピテンシーやスキルの充足状況など、人材の質的観点をモニタリング対象とすることもある。日本では量・質ともにSWPのスコープとして捉えているわけだが、これは日本の解雇規制、および企業が古くから抱える年功序列・終身雇用の人材マネジメント習慣に起因するところが大きい。換言すれば、「人材をそう簡単に入れ替えることはできないのだから、できる限り再配置(リスキル)して有効活用しよう」というわけだ。そのため、日本におけるSWPでは有効活用ができているかを確認するKPIを多岐にわたって管理していくことになる[1]

 このような背景を受け、SWPの取り組みについてデジタルを活用して、より効率的かつ効果的に実現しようとする企業が増えている。

[1]: 要員数やコスト情報だけでなく管理スパン・管理職比率・直間比率や労働分配率などの生産性指標が重要となる。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー


次のページ
SWP×DXの世界(A社の事例を基に)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
いまさら聞けないHRDXの新常識連載記事一覧
この記事の著者

橘 遼太(タチバナ リョウタ)

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社 ピープル・アドバイザリー・サービス マネジャー 日系人事システム導入コンサルティング会社、Big4系コンサルティングファームを経て現職。要員・人件費計画策定や人事制度設計、タレントマネジメント戦略策定支援などに従事。グローバルにおける人事システム...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/4229 2022/08/29 08:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2022年7月28日(木)12:30~16:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング