SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

過去の開催実績

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2021 Summer

2021年7月20日(火)12:30~17:00

最新資料

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

人事業務の効率化さらには戦略人事の実行に欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

その他のスペック一覧

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2021

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2021

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2020

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2020

インタビュー《人材育成》| DXを実現する知識・スキルの身に付け方(PR)

DXの推進で全社員のデータの運用力を支えるCompTIA認定資格「IT Fundamentals」

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

全社員が身に付けるべき“本当に必要な”ITリテラシーとは

――先ほどお見せいただいたワークフローはSI企業向けのイメージがありますが、事業会社でDXを進める人材に必要なITリテラシーを言語化すると、どうなりますか?

 日本企業の皆様がイメージされているITリテラシーというのは、「ITを活用する」あるいは「ツールやアプリケーションを操作する」ことのように思います。しかし、DXを進める人材になるには、その意味でのITリテラシーだけでは足りません。データをセキュアな環境で正しく活用するためにはセキュリティの知識が欠かせませんし、アプリケーションだけでなく、デバイスやネットワーク、データベースや簡単なプログラミングの理解も必要になってきます。つまり、データの運用のために、身の回りのIT環境を「分かって使える」必要があります。

 CompTIAでは、この「分かって使える」レベルで、全社員が身に付けておくべき知識を「インフラ」「開発」「データ」「セキュリティ」の4つで定義した「CompTIA IT Fundamentals(通称ITF+)」をご用意しています。DXの推進に貢献するためのデータの運用力の目安としてお使いいただけます。ワークフローにIT資格を割り当てると、IT Fundamentalsは次図のようなポジショニングとなっており、DXに関わる全ての方が持つべき、コモンセンスです。

DXワークフローと資格のマッピング。「CompTIA IT Fundamentals」は“全てが、DXを支援するために必要な最低限の知識”を提供する。
DXワークフローと資格のマッピング。「CompTIA IT Fundamentals」は“全てが、DXを支援するために必要な最低限の知識”を提供する。
[画像クリックで拡大表示]

――たしかに、ありもののツールを使えるだけでは、それ以上の発想ができませんから、DX人材に求められるITリテラシーとして不十分であるというのは、よく理解できます。つまり「IT Fundamentals」は社員のITリテラシーの底上げを図りたい企業におすすめの認定資格であると。

 そうです。結局、事業会社の皆様がDX人材の育成でお悩みになるのは、最低限必要な知識の基準が分からないからだと思うんですね。ですが例えば、社内で独自の試験をつくってしまうと、自社の文化や過去の成功体験に縛られ、DXの推進に紐づくとは限りません。だからこそ、客観性があり、DXにおけるデータ運用に欠かせない身の回りのIT環境を「分かって使える」知識の目安として、「IT Fundamentals」をうまく活用していただけたらと考えています。

――「IT Fundamentals」の出題範囲を教えていただけますか。

 ITの概要と専門用語、インフラストラクチャ、アプリケーションとソフトウェア、ソフトウェア開発、データベースの基礎、セキュリティです。先ほどもご紹介した「インフラ」「開発」「セキュリティ」「データ」の基本を網羅したエントリー資格になっていますので、入社前の学生さんや新入社員などITの活用、データの運用力を期待される方や、営業・マーケティングといった、実務でIT活用、データ活用を必要とされている方などに、特にお薦めです。

「IT Fundamentals」の概要
「IT Fundamentals」の概要
[画像クリックで拡大表示]

次のページ
CompTIAの認定資格で効率的・効果的な人材育成を

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
インタビュー《人材育成》連載記事一覧
この記事の著者

野本 纏花(ノモト マドカ)

フリーライター。IT系企業のマーケティング担当を経て2010年8月からMarkeZine(翔泳社)にてライター業を開始。2011年1月からWriting&Marketing Company 518Lab(コトバラボ)として独立。共著に『ひとつ上のFacebookマネジメント術~情報収集・人脈づくり・...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

市古 明典(HRzine編集長)(イチゴ アキノリ)

1972年愛知県生まれ。宝飾店の売り子、辞書専門編集プロダクションの編集者を経て、2000年に株式会社翔泳社に入社。月刊DBマガジン(休刊)、IT系技術書・資格学習書の編集を担当後、2014年4月より開発者向けWebメディア「CodeZine」の編集に参加。その後、2017年7月にエンジニアの人事を...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/3648 2021/12/02 10:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2021年7月20日(火)12:30~17:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング